ボーエン病とコンジローマの症状。

ボーエン病って何?

みなさんはボーエン病という病気について、聞いたことがあるでしょうか。

この手の病気については、あまり聞いたことがないということで知らない人も多いです。

簡単に言うと、ボーエン病は皮膚の病気の一種であり、見た目ですぐにわかります。

皮膚の最も外側になる表皮細胞に見られる病気となっていて、多くは悪性です。

表面がカサブタのようにカサカサした状態となることもあり、人によっては大きなアザのように見えることもあるなど、症状に悩まされることが多いです。

色素が変わることも多く、本来の肌色ではなく赤色や黒色に変色することもあります。

見た目ですぐにわかるので病院に行く人も多いですが、中には放置している人もいます。

最悪の状態になると、自分で擦ったり剥がしたりすることによって傷つけてしまうこともあり、そこから症状がさらに悪化していくということもあるのが厄介です。

皮膚に異変が出たら、すぐに皮膚科などに相談するようにしてください。

続きを読む ボーエン病とコンジローマの症状。

コンジローマと膀胱炎の症状

コンジローマの症状

コンジローマは性感染症の1つであり、多くの人が自覚なく感染してしまっています。

実際に感染予防をしておけば良いのですが、セックスやオーラルセックスなどコンドームを装着せずに性行為に及んでいるということであれば、感染リスクは高いです。

多くの人は妊娠を避けるために避妊具を使いますが、コンドームなどは性行為の際の性感染症を予防する効果もあるということを忘れてはいけません。

コンジローマは性器にイボのようなものができ、見た目も良いとは言えません。

人によっては素直に気持ち悪いと思ってしまうようなイボの集合体が形成されます。

また、症状によってはかゆみや痛みを伴い、性行為の際に出血することもあります。

早めに治療しないと症状が悪化して、膀胱炎になることもあるので注意しましょう。

子宮などにも炎症を引き起こすことがあるので、十分に注意してくださいね。

続きを読む コンジローマと膀胱炎の症状

コンジローマの症状は治らない?

コンジローマって?

コンジローマに悩まされている人は多いのですが、実は気づいていない人も多いです。
そもそもコンジローマについて知らないという人も多いのではないでしょうか。
コンジローマというのは性感染症の1つであり、いわゆる性病と呼ばれるものの1つ。
自覚症状はあまいないことも多く、気づけば感染しているものの放置している人も多く、症状が悪化してから治療をようやく始めるということも少なくありません。
コンジローマは感染経路が性行為などですが、これは普通のセックスでもそうなのですが、オーラルセックスなどから感染することも「ない」とは言えません。
どのような性行為をするかによっても違いますが、コンドームなどの避妊具を装着せずに性行為をするだけで、コンジローマをはじめとする性病にも感染しやすくなります。
続きを読む コンジローマの症状は治らない?

泌尿器科で行う性病の検査内容とは

性病の検査をしよう

淋菌感染症やクラミジア感染症、コンジローマなどの性病を予防するためにもっとも効果的な手段は定期的に検査を行うことです。

定期的に検査を行っていれば、万が一自分が性病に感染していてもすぐに治療をスタートできますし、早期発見であればそれほど長い期間かけなくても完治できる可能性が高いからです。

性病の検査を定期的にやっている人は性産業に関わっている人以外だとまだまだ少なく、意識的には低いと言わざるを得ない状況です。

しかし性行為が活発な若い世代にこそ積極的に検査を受けて欲しいですし、若いうちから予防することは将来的にも大きなメリットがあるのです。

たとえばクラミジア感染症にかかってしまった場合、そのまま放置していてパートナーにも感染させてしまい、その後気付かず時間が経過すれば当然症状は深刻になります。

そして最悪の場合不妊になってしまい、子供が作れなくなってしまうリスクも出てきます。

泌尿器科でできる性病の検査

性病の検査は泌尿器科ですることが可能で、検査内容はいたって簡単です。

男性であれば検尿や血液検査によってクラミジア感染症や淋菌感染症などの性病の検査ができますし、女性の場合は腟や子宮の入り口のおりものを採取して検査します。

この際に特に痛みはないそうなので安心です。

ほかにもHIV、梅毒、骨盤内クラミジア感染の有無を血液検査によって行うことができますし、性器ヘルペスコンジローマは視診だけでわかります。

クラミジア感染症、淋菌感染症、HIV、梅毒の検査は結果がわかるまで4~5日かかることが多いそうです。

費用はそれぞれの検査内容によって異なりますので、まずは受けたい検査を伝えてどのくらいかかるのか聞いてみるといいでしょう。

泌尿器科以外でもできる?

性病の検査は泌尿器科以外で行うことも可能で、たとえば婦人科や小児科、皮膚科でもできますし、保健所でもできます。

病院やクリニックで行う場合は泌尿器科も含めて保険が適用されないこともありますから、この点もあらかじめ確認が必要になるでしょう。

また専用の検査キットが販売しているので、それを利用して検査をすることもできます。

しかし検査キットはあくまでも簡易的なものなので、正確に判断できない可能性もあるそうですから、確実に結果を知りたいのであればやはり医療機関を受診するのが一番でしょう。

性病の検査をしておけば、自分自身だけでなくパートナーも安心できます。

泌尿器科で性病を治療する

性病はしっかり治療しなければいけない

性病の怖いところは放置しておいても完治しないところで、しっかりと治療しなければどんどん進行していき、やがて体内に悪影響を及ぼすこともあります。

たとえばコンジローマの場合、イボのようなものが性器にできてしまう特徴がありますが、放置しておけばその範囲が広がってきますし、かゆみなどの症状も出てきて見た目も悪くなります。

また、治療を進めて菌が少なくなってきてもなかなかイボが消えなかったりするケースもあるそうなので、早期発見早期治療は大きなポイントと言えるでしょう。

コンジローマだけでなく、淋菌感染症やクラミジア感染症などの性感染症にも同じようなことが言え、たとえばクラミジア感染症であれば感染したままにしておけば尿道から前立腺のほうへ進行していくと抗生物質が届きにくくなってしまいますので、治療期間が長くなり、その分コストもかかってしまいます。

女性の場合は不妊や生理痛が重くなったりするリスクもありますし、HIVの感染リスクも性感染症がない人と比べると高くなります。

続きを読む 泌尿器科で性病を治療する

性感染症で通院する場合

性感染症にかかってしまったら

淋菌感染症やクラミジア感染症、コンジローマといった性感染症にかかってしまった場合、そのままにしておいても治ることはありませんので、もしかしたら感染してしまっているかも…と感じたら早めに治療をスタートすることが大切です。
性感染症の中にはなかなか自覚症状が出てこないものも多いですし、自覚症状が出てくるころにはかなり進行していた…というケースもめずらしくありません。
中には1年以上放置してはじめて病院やクリニックに訪れたという人もいますし、普段から性感染症に対する意識を強く持ち、もし感染してしまったらどうすればいいのか、また感染しないためにはどんなことが重要なのか知っておくようにしましょう。
性感染症にかかってしまった場合、最初にやらなければいけないのは専門の医師がいる病院やクリニックを受診することで、ここで性感染症の検査を行い、自分が感染しているかどうかをチェックします。
続きを読む 性感染症で通院する場合

性感染症の検査

性感染症の検査

性感染症になったかもしれないと不安なときに考えるといいのが検査です。
この病気は医師の診察だけで診断が出るとは限らず、検査を受ける必要がある場合も多いです。
検査は病院でも受けられますし、市販の検査キットもあります。
お金はかかりますが受けるのは簡単ですから、性感染症のことが気になる方は一度受診を考えてみるといいでしょう。
続きを読む 性感染症の検査

HPVの症状の良性・悪性とは

HPVの症状の良性と悪性

HPVとはヒトパピローマウイルスのことで、これに感染すると何らかの症状が現れる場合があります。
この症状には良性と悪性があるのですが、たとえばHPVが引き起こす症状の一つとなるコンジローマはどちらになるのでしょうか?
これは基本的に良性腫瘍と言われており、ガンのように命に関わるような症状となる可能性は低くなっています。
続きを読む HPVの症状の良性・悪性とは

HPVとはどんなウィルス?

HPVとは

性病の一つとなるコンジローマの原因はなにかというと、HPVとなります。
これはヒトパピローマウィルスというウィルスです。
とはいえ、HPVには100種類以上の型があるため、どの型に感染するかによってリスクも異なります。
コンジローマを引き起こすHPVは6型や11型などになります。
これらに感染すると、感染部位にイボができるといった症状が起こるのです。
HPVが引き起こす健康被害として、ほかに有名なものとして子宮頸がんがあります。
これを引き起こす主なHPVとして16型と18型があります。
これらに感染すると子宮頸がんのリスクを警戒する必要も出てきます。
このようにHPVとはたくさんの型を持つウィルスとなっており、どの型に感染したのかによって健康リスクも変わってきます。
コンジローマの原因としても知っておくといいでしょう。
続きを読む HPVとはどんなウィルス?

尖圭コンジローマの特徴

尖圭コンジローマとは

尖圭コンジローマとは性病の一つです。
交際しているパートナーがいる方や、頻繁に性行為をしている方など、感染しないように注意したい病気の一つとなっています。
この病気はどんな病気なのか、なるとどう困るのか、その特徴をご紹介します。

特徴的な症状

性病についてやはり気になるのはその症状についてでしょう。
尖圭コンジローマの症状とは特徴的なイボができることです。
感染部位は性器や肛門周りとなります。
そちらにイボができるのがこの病気の特徴です。
肛門周りは直接自分の目で確認できないことが多いため、あまり気づかないかもしれませんが、性器については自分の目でも確認できるため、イボができると気付く方も多いです。
通常はイボなどできない部位ですから、それができると驚かれる方も多いですね。

このイボは痛みやかゆみなどはない場合が多いですから、イボができているという見た目上の問題以外にはあまり生活に支障はありません。
しかしこのイボが気持ち悪いと、この病気をかなり気にされる方は多いです。
また、痛みやかゆみがなく、生活に支障がないからといって問題がないわけではありません。
その状態で性行為などすると相手にうつしますし、放置すると症状が悪化していきます。
性器などにイボができており、尖圭コンジローマになったかもと思ったら早めに治療を考えてください。

再発しやすい

尖圭コンジローマの特徴として、再発しやすいことも知っておくといいです。
この病気は性病の治療をしている病院で治療ができることが多く、性器などに出ていたイボを除去できることも多いです。
しかし一度治療を終えたあと、再発してまたイボができることも比較的よくあります。
そのときはまた初回時と同じように性病の治療ができる病院に通うことになります。
このような再発が多いのは、コンジローマの原因となっているウイルスを体内から除去する方法がないためです。
現在イボを作っているウイルスについては治療時に除去できますが、そこにいないウイルスについては除去できないため、再発したらまた同じように治療するという対応になります。
このような特徴があるため、尖圭コンジローマはなるべく感染しないように注意したい病気です。
しかし性病は気づかずに感染するケースも多いですから、気をつけていてもなってしまうこともあるでしょう。
そのときは病院で速やかに治療してください。
受診先は性病科、泌尿器科、婦人科など、性病を診られる病院となります。