コンジローマは何科の病院?

性器にイボができてコンジローマが疑われる場合は、専用の病院で治療していくことが必要となります。
検査に関しては色々な方法が用いられ、組織検査や遺伝子検査などがおこなわれています。
その他、検査は医師の視診によっておこなわれ、症状を診て判断していくということが一般的です。
しかし、そもそもコンジローマなどの性病・性感染症は自覚症状もほとんどなく、医師でもわかりにくいということがあります。
そのため、専門の診療科目を設置している病院で診てもらうことが必要となります。
続きを読む コンジローマは何科の病院?

コンジローマの治し方

コンジローマに感染してしまった場合、どうやって治していくべきなのか迷ってしまうということもあるのではないでしょうか。
素人が感染した場合、正直どうやって対応すれば良いのかというのわかりません。
ほとんどの方は、「自然に治るのを待とう」と思うはずです。
しかし、性病や性感染症の場合は、黙っていても治らないことが多いです。
特に性病や性感染症は潜伏期間が長いものも多く、症状がわかりにくいものもあります。
続きを読む コンジローマの治し方

コンジローマと間違う!似た病気

コンジローマは性感染症・性病として知られ、男性の感染が多い病気です。
ただ、女性も感染する可能性もあり、どちらも注意が必要となります。
そんなコンジローマですが、実際には自覚症状がほとんどなく、気付かないうちに進行しているということもあります。
そうなると、症状が悪化して顕著になってきてから「これは大変なことになった」と思うことも多いです。
続きを読む コンジローマと間違う!似た病気

コンジローマの潜伏期間

コンジローマに感染してしまった方の中には、すぐに発症したと思っている方も多いかもしれません。
しかし、コンジローマに関しては、発症するまでに時間がかかるものがほとんどです。
事実、感染後には自覚症状がほとんどなく、素人目で判断することはまず難しいです。
また、視診で観察できるまでになるには、最低でも3週間は必要ですし、人によっては8か月ほど必要となることもあります。
平均しても約3か月前後が必要となるので、そこは注意が必要です。
続きを読む コンジローマの潜伏期間

コンジローマの検査方法

性器が痛いとか痒いとか、そういう症状に悩まされている方も多いかもしれません。
それはもしかすると性病・性感染症のコンジローマかもしれません。
コンジローマに関しては、素人目で判断するのが難しく、医師による診察・診療によって発覚するということが多いです。
ただ、素人の方にとっては、どのような検査方法でコンジローマを診察・診療していくのか気になる人も多いのではないでしょうか。
ここではコンジローマの検査方法について紹介するので、参考にしてみてください。
続きを読む コンジローマの検査方法

コンジローマの治療方法

コンジローマに感染してしまった方は、「どのように治していけば良いのか」と頭を抱えているかもしれません。
実際にコンジローマと聞いても、そもそもどのような病気なのかわかっていない方も多いです。
この病気は性病・性感染症の1つで、自覚症状がほとんどない病気となります。
亀頭の下部分にプツプツとした顆粒状のイボができるのが、一番わかりやすい症状と言えるでしょう。
続きを読む コンジローマの治療方法

コンジローマの再発防止法

コンジローマに一度感染してしまうと、何度も発症してしまうことが多いと言われています。
実際に自然治癒するのが難しい病気ということもあって、そのまま長く付き合っているという方もいます。
できればコンジローマはしっかりとした医師の指示を受けて治療していくことが必要です。
自覚症状もあまりないことから、悪化してようやく気付くことを繰り返してしまう人もいます。
実際に自覚症状があまりないというのは、やはり素人では判断が難しい場合も多いです。
そのため、実際には再発してしまうことも多いです。
続きを読む コンジローマの再発防止法

コンジローマの男性の自覚症状

コンジローマに感染してしまうのは女性ではなく男性となります。
そんなコンジローマですが、実は自覚症状がほとんどないと言われているのです。
事実、感染している方の中でも、コンジローマが即座にわかるという方は少ないでしょう。
そもそもコンジローマに対しての知識がないという方が多く、どのような病気なのかも把握していない方がほとんどです。
続きを読む コンジローマの男性の自覚症状

コンジローマによる男性のイボ

コンジローマは男女が感染する性病・性感染症で、異性との性交渉によって症状が出てくる病気です。
しかし、このコンジローマは自覚症状がなかなか出てこないということもあり、気付かずに進行していることもとても多いです。
だからこそ、しっかりと考えて対応していくことが必要となります。
痛みや痒みなどの自覚症状も出てくることは出てくるのですが、そこはどのように対応するかが重要となります。
続きを読む コンジローマによる男性のイボ